財務報告実務検定サイトマップ試験主催団体お問合わせトップ文字サイズ:大文字サイズ:中受験申込みログイン
イメージ
トップページ > 連結実務演習編 試験概要 > 出題範囲
連結実務演習編 出題範囲

試験のパンフレットはこちら

財務報告実務検定【連結実務演習編】の出題範囲、出題割合及び出題対象となる会計基準等は下表のとおりです。

<出題範囲>

分野 項目 標準レベル試験の
主な出題内容
出題
割合
上級レベル試験の
主な出題内容
出題
割合
連結決算 連結貸借対照表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書 投資と資本の相殺消去、開始仕訳、子会社の利益剰余金、のれん、非支配株主持分、剰余金の配当、持分法の会計処理 20% 退職給付引当金の組替 40%〜45%
内部取引の消去、資金取引、商品売買取引、貸倒引当金の調整、未実現損益の調整、アップ・ストリーム、持分法(未実現損益の調整) 10%  
子会社の資産・負債の時価評価、子会社株式の追加取得、子会社株式の一部売却、子会社の増資(持分比率が変化しない増資、持分比率が変化する増資を含む)、子会社のその他有価証券評価差額金(追加取得、一部売却を含む)、持分法(追加取得、一部売却) 20%  
未実現損益の調整(税効果会計あり)、貸倒引当金の調整(税効果会計あり)、持分法における税効果会計 10% 連結精算表から開示科目への組替、重要性基準(前期における表示の組替を含む)
在外子会社の財務諸表の換算、在外子会社の資本連結、のれんに係る為替換算調整勘定 10%  
連結包括利益計算書 当期発生、組替調整 税効果会計、持分法適用会社の取扱い
連結キャッシュ・フロー計算書 間接法かつ簡便法による連結キャッシュ・フロー計算書の作成(在外子会社を含む)
連結開示 組替表 開示の基礎知識(有価証券報告書、四半期報告書、決算短信)、開示業務フロー(連結精算表から開示科目への組替、重要性基準など) 30%   40%〜45%
開示上の計算 1株当たり金額及び各種財務比率の算定  
有価証券報告書の作成 基本財務諸表、ハイライト情報、業績等に関する説明及び関連書類の作成(書類間の照合を含む)
XBRL XBRLのポイント 経理の実務とXBRL、会計規則とXBRL、共通のルールと異なる会計規則・運用ルール、タクソノミとインスタンス、表計算ソフトとXBRL 10%〜20%
タクソノミを構成する仕組み リンクベース、インラインXBRL
EDINET固有の運用ルール 勘定科目名称(名称リンク)の上書き、「該当なし」要素


<出題割合>

分野 割合
連結決算 40〜45%
連結開示 40〜45%
XBRL 10〜20%


<出題対象となる会計基準等>
連結実務演習編の試験問題の内容は、標準レベル試験、上級レベル試験ともに公式テキストと連動しています。そのため、 試験対象となる会計基準や連結財規(以下、会計基準等)は、公式テキストの改訂に応じてアップデートされます。公式テキストは概ね1年半毎に改定されます。改定時期は、余裕をもって本サイトのトップページ「受験者へのお知らせ」にて告知致します。

 

◆財務報告実務検定試験に関するお問い合わせ先
財務報告実務検定事務局(日本IPO実務検定協会内)  担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@zaimuhoukoku.jp

 

ページトップへ