財務報告実務検定サイトマップ試験主催団体お問合わせトップ文字サイズ:大文字サイズ:中受験申込みログイン
イメージ
トップページ > 開示様式理解編 試験概要 > 開示様式理解編 学習方法
開示様式理解編 学習方法

 財務報告実務検定【開示様式理解編】対策の基本となるのは公式テキストです。実務経験がない方や学生であっても、公式テキストを独学していただくことで一定のレベルに到達することが可能ですが、この公式テキストで知識をインプットする一方、公式問題集でアウトプットしていただくと、より高い学習効果が期待できます。

 財務報告(「ディスクロージャー」「開示」とも言います)という分野の性質上、公式テキストはそれなりのボリュームとなっていますので、効率的に学習のポイントを押えたいという方には、財務報告実務検定【開示様式理解編】の学習内容の要点と確認問題で構成される「「財務報告実務検定【開示様式理解編】 重要ポイント&精選問題」」がお勧めです。

また、計算問題を強化したいという方は、サブテキストとして、財務報告実務検定【開示様式理解編】 「計算問題」対策問題集を適宜ご活用ください。

  開示実務を短期間で効率的に学びたい方、ハイスコアを目指す方には、資格の学校TACの財務報告実務検定対策講座の受講をお勧めしています。TACの財務報告実務検定対策講座では、開示実務経験豊富な講師陣が、初心者の方にも理解しやすく講義します。

資格の学校TAC

 

◆財務報告実務検定試験に関するお問い合わせ先
財務報告実務検定事務局(日本IPO実務検定協会内)  担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@zaimuhoukoku.jp

 

 

 

 

ページトップへ