財務報告実務検定サイトマップ試験主催団体お問合わせトップ文字サイズ:大文字サイズ:中受験申込みログイン
イメージ
トップページ > 開示様式理解編試験概要 > 各スコア・レンジ別の到達点
各スコア・レンジ別の到達点

試験のパンフレットはこちら

点数のレンジ 称号 スキルレベル
1,000〜800点 財務報告実務検定
【開示様式理解編】
Advanced

財務報告書類の作成・開示を指揮する能力を備えている

金融商品取引法・会社法・適時開示にまたがる各財務報告書類間の整合性や決算・財務報告プロセスの全体像を把握し、連結グループ各社、社内各部門及び監査法人・印刷会社・株主名簿管理人等の意見を調整しながら、財務報告書類の作成・開示をディレクションすることができる。
799点〜600点 財務報告実務検定
【開示様式理解編】
Standard

開示実務担当者としての能力を備えている

企業の業績数値や経営指標を用いて業績動向のドラフトを作成することができるとともに、(連結)財務諸表の作成過程において子会社・関連会社や社内の他部門と協働作業ができる。また、開示実務担当者として、(連結)財務諸表の表示及び注記に関する各種規定を熟知し、各開示書類のドラフティングを担う。
599点〜400点 財務報告実務検定
【開示様式理解編】
 Basic

開示実務の補助者としての能力を備えている。

開示実務補助者として、財務報告書類のうち平易な開示項目について、基礎資料をもとに作成することができる。
399点以下
(称号なし)
開示実務に求められる最低限のスキルレベルに到達していないものと考えられる。

なお、Advanced、Standard、Basicという得点レンジに応じた資格レベルの後ろには、必ず合格時(あるいは最新の継続研修受講時)の年次を記載(例:財務報告実務検定Advanced2016)する必要があります。詳細については、こちらで御確認ください。

 

◆財務報告実務検定試験に関するお問い合わせ先
財務報告実務検定事務局(日本IPO実務検定協会内)  担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@zaimuhoukoku.jp

 

ページトップへ