財務報告実務検定サイトマップ試験主催団体お問合わせトップ文字サイズ:大文字サイズ:中受験申込みログイン
イメージ
トップページ > 開示様式理解編 試験概要 > 受験者動向
受験者動向

試験のパンフレットはこちら

 財務報告実務検定【開示様式理解編】はCBT試験であるため、受験者数、合格率は日々変動しておりますが、これまで、上場企業や上場を目指す企業の経理、財務、IR、経営企画などの部門の方や、監査法人に入所して年数が浅い公認会計士を中心に既に2,000人を超える方が受験し、全受験生のうち、70%程度の方が合格(Basic以上)されています。専門的な内容の試験ではありますが、しっかり勉強していただければ、十分に合格が見込める試験であると言えます。

 合格者のうち、Advancedに合格された方は15%程度、Standardに合格された方は35%程度、残りの50%程度はBasicへの合格となっています。

 財務報告実務検定【開示様式理解編】は企業の研修制度に組み込まれるケースが多いことが特徴で、試験改訂に合わせて毎年受験され、スコア・レンジを上げる方も少なくありません。

 

 

 

◆財務報告実務検定試験に関するお問い合わせ先
財務報告実務検定事務局(日本IPO実務検定協会内)  担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@zaimuhoukoku.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ